耳の閉塞感は病気のサインかもしれない!?

痛み・痺れ、つらい症状でお悩みの方のための情報サイト

整体治療情報局

耳の閉塞感は病気のサインかもしれない!?

耳が詰まった感じがする場合、気圧の変化によることが多いです。飛行機に乗ったり、トンネルを抜けたりした時に起きることが多く、あくびをする、つばを飲み込むなど耳抜きをすると治まることが多いです。

参考サイト:http://www.miminari-web.net/shoujou/mimitsumari.html

耳抜きをして耳の閉塞感が治まる場合は、そのままにしておいて大丈夫なことが多いですがあまりにも耳が詰まった感じが長く続く場合や耳抜きをしても治まらない場合は、何らかの病気になっている可能性があります。

耳の閉塞感の原因としては、自律神経失調症、メニエール病、突発性難聴、耳管狭窄症などがあります。自律神経失調症やメニエール病、突発性難聴はストレスや過度の疲労が原因のことが多く、耳管狭窄症は何らかの事が原因で、時間がふさがれたままになってしまい、あくびをしても開かない状態が続いてしまう状態を指します。

これらの病気には、耳の閉塞感の他にも症状が出てきます。メニエール病の場合は回転性のめまい、片側だけの閉塞感、音域の狭さ、回転性めまいによる嘔吐や吐き気、動悸があります。

メニエール病の場合は、原因がはっきりしていないこともあり、一度なってしまうと根治が難しくなります。耳のリンパ液が増えていることにより起こっていることが多いので、利尿剤を用いて体の水分を出す、塩分を摂りすぎないといったことを行っていきます。

突発性難聴は、耳鳴りがひどい、めまいや吐き気がある、片方の耳がほとんど聞こえない、ということが起こります。

突発性難聴の場合は、早く治療を開始することが大切で、そのままにしておくと聴力が衰え、耳が聴こえなくなる可能性があります。ひどいめまいでなくても片側の耳が聴こえない場合は、早めに耳鼻科に受診するようにしましょう。

自律神経失調症の場合は、頭痛やめまい、耳鳴り、めまい、疲れやすいといったことも一緒に起こっていきます。リラックスすることで症状が落ち着いてくるので、ゆっくりとお風呂に入るなどうまくストレスを逃すようにします。


頭鳴りの原因とは?

女性は更年期を迎える40代から50代にかけて、頭痛で悩んでいる人も多いでしょう。自律神経の働きが乱れると、身体にさまざまな不調があらわれます。

更年期は、45歳くらいから症状がでる人が多いですが、若い人でも症状が出る人もいます。自律神経は、自分の意思とは関係なく働くので、血管の細部にまでたくさんの神経が走っていることで知られています。

ストレスによって、自律神経が乱れると、頭痛がしたり、頭の中でひびくような痛み、頭鳴りが起きることもあります。原因が自律神経失調症から起きることもあり、病院で検査をしても異常がない場合が多いです。

自律神経失調症により、頭痛や耳鳴り、肩こりも悪化することで、神経に響いて起きる頭鳴りの原因になります。金属音が響くような音が頭の中で響き、耳鳴りも起きることもあります。

寝る前や布団の中、静かにしている時などに頭鳴りが起きることが多いです。ストレスと、自律神経の乱れが関係していて、症状を緩和させるために、ストレスを軽減させて、専門医を受診することも大切です。

参考サイト:http://www.miminari-web.net/shoujou/zumei.html

カウンセリングを受けるなど医師に相談することです。頭鳴りでも、脳の異常が原因で起きていることもあるので、症状が続く場合は、脳の検査を受けることも大切です。

静かにしている時に、頭鳴りを感じることが多く、雑音がしたりしたりする場合は、耳鼻科などで検査を受けると良いでしょう。血管の老化や、機能が低下していたり、ストレスによる自律神経の乱れも原因になるので、生活習慣を改めることも大切です。

自律神経失調症は、ストレスを溜め込むと悪化するので、適度な運動を取り入れて、ストレスを解消するように心がけることが大切です。食べ過ぎや、飲み過ぎ、睡眠不足も、自律神経の乱れにつながるので、規則正しい生活をすることが大切です。

頭痛や、頭鳴り、耳鳴りは、神経が繋がっていることで脳の中で起こることなので、症状がある時は、早めに専門医を受診すると良いでしょう。


整体治療情報局とは

腰痛・肩こり・五十肩・椎間板ヘルニアや坐骨神経痛など、様々な痛みやシビレでお悩みの方に、役立つ情報をお届けする総合サイトです。

堺市にお住まいの方に、整体院の紹介リンクも掲載しています。

オススメ整体リンク 堺市の整体院

↓↓クリック
堺市の整体 肩こり・腰痛センター
1 腰椎椎間板ヘルニア
2 五十肩
3 腰の痛み・足の痺れ
4 坐骨神経痛
一覧

坐骨神経痛予防 再発予防 五十肩の対処法 肩こり整体 予防ストレッチ 怖い坐骨神経痛 ヘルニア予防 五十肩の治し方 ストレッチ法 腰椎の整体治療 坐骨神経痛の処置 椎間板ヘルニアの知識 五十肩の治療 肩こり整体治療 腰の痛み対処法 坐骨神経痛の治療 腰痛の予防法 五十肩の治療 肩こりや頭痛 痛み・痺れに整体治療 坐骨神経痛の原因究明 腰椎椎間板ヘルニアの自覚症状 五十肩はムリしない 頭痛治療



食事 サポーター 父の五十肩 自転車で腰痛 五十肩 整形外科 腰痛に運動 五十肩のコッドマン体操 腰痛とジョギング 腸骨 解放性関節手術 腱鞘炎の注射治療 ギックリ腰予防 顎関節症の関節鏡手術 五十肩の病名 腱鞘炎のお灸治療 ギックリ腰の原因 五十肩と腱鞘炎 腱鞘炎の親指治療 顎関節症にホットパック 腱鞘炎のカイロプラティック治療 割りばし噛み療法 腱鞘炎の拇指治療 ギックリ腰症状 モビライザー ギックリ腰の応急処置 肩の痛み 顎関節体操 腱鞘炎の指圧治療 五十肩のトレーニング ギックリ腰の治し方 五十肩 大腸経 保険適応 肩の筋肉がこわばる 鍼灸師とは 鍼灸 腕を上げる痛み 五十肩解消 腰の痛みのツボ 腱鞘炎の電気治療 腰痛改善 五十肩のこわばり 五十肩の治療院 ストレッチと腰痛 五十肩 テニス 顎関節症の治療 坐骨神経痛ストレッチ 五十肩の多い地域 腰痛・肩甲骨ストレッチ 五十肩に整形外科 五十肩の予防法 肩・腰ストレッチ 五十肩に効く温泉 腰痛体操 五十肩治療 飲み薬 理学療法 薬物療法 ピアニストの腱鞘炎治療 股関節ストレッチ 独自の整体 ストレッチ方法 五十肩 漢方薬 腱鞘炎レーザー治療 顎関節症の治療期間 五十肩 再発 鼠径ヘルニア 五十肩の体操 頚椎ヘルニア 五十肩 針灸 顎関節症 治療 腱鞘炎と肘の腫れ 椎間板の髄核 理学療法 椎間板 五十肩にヒアルロン酸


ザイロリック錠 Copyright© 堺市の整体 . All rights reserved.