腰椎の問題として整体での治療が有効

痛み・痺れ、つらい症状でお悩みの方のための情報サイト

整体治療情報局

腰椎の問題として整体での治療が有効

腰の痛みや足の痺れ等は、そのままの状態で外科等の西洋医学の医師に係った場合、ほとんどがレントゲンによる検査後、痛みの原因がはっきりしないことが多く湿布藥に頼ることとテーピング等の補助治療になるのですが完治できるケースが少なく、なにより患者側の精神的ストレスが溜まる可能性があります。

そこでこの腰の痛みや足の痺れの要因というか原因はどこからきているのかを診るために整体という療術があります。東洋療術では手技によってどこに身体的問題が潜んでいるかを症状(つまり痛いと感じる場所)だけを診るのではなく体全体の骨の歪みを診ていくのです。

これにより大概は、腰椎から出ておしり(臀部)を通って足先まで伸びる神経が臀部で圧迫されていることで身体の中で一番弱いところに痛みとだるさを感じる症状となって表れてくるのです。慢性的な圧迫による結果がだるさから始まって痛みへと繋がってくることを整体が教えてくれるのです。

治療方法は、その神経圧迫されているところを手技により改善することと身体全体(腰を中心)の骨の歪みを矯正することを治療過程の中で取り入れていく方法になります。その過程の中で痛みを緩和する目的で対処療法として湿布は必要としますが、それに頼るのではなく正常化させた骨の歪みを持続できるように定期的健診により、再度矯正を繰り返す必要もあります。

従って一度の整体施術だけですべて完治するのではなく、患者と整体師が協力し合って本当の身体に近づけることと、毎日の姿勢や生活リズム(歩き方、座り方)の矯正や食生活改善を通して治療していくものなのです。

腰の痛みや足の痺れが急遽現れた方は、一度の施術だけで解放される場合もありますが、慢性的に腰の痛みや足の痺れを繰り返してきた患者さんの場合、定期的通院による施術が必要であることはよくあることです。

仕事上立ちずくめのお仕事であったり、1日中座りづくめのお仕事である人に多く見られる症状でもあるため、生活環境の改善の中に軽いストレッチを1時間毎に入れる工夫等が必要な場合もあります。

基本は背骨の歪みを矯正して正常状態の持続が一番大切な完治条件となるので患者さんの努力が治療の決め手になることは確かです。痛みが体の半身不随などに繋がらないように腰の痛みや足の痺れがあれば早期に整体師に相談することが大切なことです。体の中の神経圧迫を取り除くためにも骨の正常化は一番大切な条件と言えるのです。


整体治療情報局とは

腰痛・肩こり・五十肩・椎間板ヘルニアや坐骨神経痛など、様々な痛みやシビレでお悩みの方に、役立つ情報をお届けする総合サイトです。

堺市にお住まいの方に、整体院の紹介リンクも掲載しています。

オススメ整体リンク 堺市の整体院

↓↓クリック
堺市の整体 肩こり・腰痛センター
1 腰椎椎間板ヘルニア
2 五十肩
3 腰の痛み・足の痺れ
4 坐骨神経痛
一覧

坐骨神経痛予防 再発予防 五十肩の対処法 肩こり整体 予防ストレッチ 怖い坐骨神経痛 ヘルニア予防 五十肩の治し方 ストレッチ法 腰椎の整体治療 坐骨神経痛の処置 椎間板ヘルニアの知識 五十肩の治療 肩こり整体治療 腰の痛み対処法 坐骨神経痛の治療 腰痛の予防法 五十肩の治療 肩こりや頭痛 痛み・痺れに整体治療 坐骨神経痛の原因究明 腰椎椎間板ヘルニアの自覚症状 五十肩はムリしない 頭痛治療



食事 サポーター 父の五十肩 自転車で腰痛 五十肩 整形外科 腰痛に運動 五十肩のコッドマン体操 腰痛とジョギング 腸骨 解放性関節手術 腱鞘炎の注射治療 ギックリ腰予防 顎関節症の関節鏡手術 五十肩の病名 腱鞘炎のお灸治療 ギックリ腰の原因 五十肩と腱鞘炎 腱鞘炎の親指治療 顎関節症にホットパック 腱鞘炎のカイロプラティック治療 割りばし噛み療法 腱鞘炎の拇指治療 ギックリ腰症状 モビライザー ギックリ腰の応急処置 肩の痛み 顎関節体操 腱鞘炎の指圧治療 五十肩のトレーニング ギックリ腰の治し方 五十肩 大腸経 保険適応 肩の筋肉がこわばる 鍼灸師とは 鍼灸 腕を上げる痛み 五十肩解消 腰の痛みのツボ 腱鞘炎の電気治療 腰痛改善 五十肩のこわばり 五十肩の治療院 ストレッチと腰痛 五十肩 テニス 顎関節症の治療 坐骨神経痛ストレッチ 五十肩の多い地域 腰痛・肩甲骨ストレッチ 五十肩に整形外科 五十肩の予防法 肩・腰ストレッチ 五十肩に効く温泉 腰痛体操 五十肩治療 飲み薬 理学療法 薬物療法 ピアニストの腱鞘炎治療 股関節ストレッチ 独自の整体 ストレッチ方法 五十肩 漢方薬 腱鞘炎レーザー治療 顎関節症の治療期間 五十肩 再発 鼠径ヘルニア 五十肩の体操 頚椎ヘルニア 五十肩 針灸 顎関節症 治療 腱鞘炎と肘の腫れ 椎間板の髄核 理学療法 椎間板 五十肩にヒアルロン酸


ザイロリック錠 Copyright© 堺市の整体 . All rights reserved.