五十肩の治療に必要なこと

痛み・痺れ、つらい症状でお悩みの方のための情報サイト

整体治療情報局

五十肩の治療に必要なこと

五十肩は肩関節周囲炎とも呼ばれ、肩関節の炎症ともに関節可動域が制限されるという疾患です。五十という名前がついていますが、肩関節の消耗により生じるものであるので、それよりも早い四十代でも、また逆に七十代でも発症することがあります。

五十肩の症状は一般的に進行性であり、発症初期は痛みが主徴となります。両側性に出現する事は珍しく、たいていはどちらか一方の肩に痛みが発生します。この痛みは発症初期が最も強く次第に軽快の課程を辿っていきます。しかし、軽快と共に今度は肩関節の可動域制限が次第に強まっていきます。症状が進行すると自力での肩関節の運動、特に手のひらを後頭部にあてるなどの動作が困難となります。

原因としては一般的には肩関節構成体の一部である関節包に炎症が生じる事により発症すると言われています。関節包が炎症により短縮することで、その内部に位置する肩甲骨と上腕骨の運動が阻害される事により肩関節の可動域が制限される原因となります。また、炎症により肩関節の周囲筋の筋緊張が亢進して、正常な筋運動を阻害する原因となる事もあります。

五十肩を治療するためには整形外科にかかり薬物療法やリハビリテーション療法を受ける必要があります。
薬物療法では痛み止めの内服と並行して、短縮した関節包を広げて肩関節内の運動を潤滑にするために、関節包内に薬剤注射を行います。

リハビリテーション療法では、肩関節周囲筋の筋緊張を緩和させたり、肩関節内における肩甲骨と上腕骨の位置関係を修正することで正常な運動を取り戻せるように運動訓練を行ったりします。

また、整体などでも店によっては五十肩の治療を行っている場所もあります。筋硬結と呼ばれる、筋肉の緊張が極度に高まった場所、いわゆるツボのような場所をほぐす事で筋肉の正常な運動を取り戻す治療が行われます。このようなツボは圧迫することで強い痛みが生じますので、自分の好みに応じて整形外科を受診するか、整体を利用するか選択する必要があります。

治療上の鉄則としては、炎症が強い発症初期は無理に動かそうとしない事です。
無理に動かすことで炎症が強まり、より症状が重篤なものとなります。整形外科を受診しても、発症初期は薬物療法で炎症を抑え、ある程度症状が軽快してからリハビリテーション療法による運動訓練や生活動作訓練を開始することになります。自分の判断で無理に動かそうとするのではなく、専門家のアドバイスに基づいて適切な訓練を行うことが最も効率的な治療となります。


整体治療情報局とは

腰痛・肩こり・五十肩・椎間板ヘルニアや坐骨神経痛など、様々な痛みやシビレでお悩みの方に、役立つ情報をお届けする総合サイトです。

堺市にお住まいの方に、整体院の紹介リンクも掲載しています。

オススメ整体リンク 堺市の整体院

↓↓クリック
堺市の整体 肩こり・腰痛センター
1 腰椎椎間板ヘルニア
2 五十肩
3 腰の痛み・足の痺れ
4 坐骨神経痛
一覧

坐骨神経痛予防 再発予防 五十肩の対処法 肩こり整体 予防ストレッチ 怖い坐骨神経痛 ヘルニア予防 五十肩の治し方 ストレッチ法 腰椎の整体治療 坐骨神経痛の処置 椎間板ヘルニアの知識 五十肩の治療 肩こり整体治療 腰の痛み対処法 坐骨神経痛の治療 腰痛の予防法 五十肩の治療 肩こりや頭痛 痛み・痺れに整体治療 坐骨神経痛の原因究明 腰椎椎間板ヘルニアの自覚症状 五十肩はムリしない 頭痛治療



食事 サポーター 父の五十肩 自転車で腰痛 五十肩 整形外科 腰痛に運動 五十肩のコッドマン体操 腰痛とジョギング 腸骨 解放性関節手術 腱鞘炎の注射治療 ギックリ腰予防 顎関節症の関節鏡手術 五十肩の病名 腱鞘炎のお灸治療 ギックリ腰の原因 五十肩と腱鞘炎 腱鞘炎の親指治療 顎関節症にホットパック 腱鞘炎のカイロプラティック治療 割りばし噛み療法 腱鞘炎の拇指治療 ギックリ腰症状 モビライザー ギックリ腰の応急処置 肩の痛み 顎関節体操 腱鞘炎の指圧治療 五十肩のトレーニング ギックリ腰の治し方 五十肩 大腸経 保険適応 肩の筋肉がこわばる 鍼灸師とは 鍼灸 腕を上げる痛み 五十肩解消 腰の痛みのツボ 腱鞘炎の電気治療 腰痛改善 五十肩のこわばり 五十肩の治療院 ストレッチと腰痛 五十肩 テニス 顎関節症の治療 坐骨神経痛ストレッチ 五十肩の多い地域 腰痛・肩甲骨ストレッチ 五十肩に整形外科 五十肩の予防法 肩・腰ストレッチ 五十肩に効く温泉 腰痛体操 五十肩治療 飲み薬 理学療法 薬物療法 ピアニストの腱鞘炎治療 股関節ストレッチ 独自の整体 ストレッチ方法 五十肩 漢方薬 腱鞘炎レーザー治療 顎関節症の治療期間 五十肩 再発 鼠径ヘルニア 五十肩の体操 頚椎ヘルニア 五十肩 針灸 顎関節症 治療 腱鞘炎と肘の腫れ 椎間板の髄核 理学療法 椎間板 五十肩にヒアルロン酸


ザイロリック錠 Copyright© 堺市の整体 . All rights reserved.